グルコサミンとコンドロイチンについて知る
グルコサミンとコンドロイチンについて知る > 関節の痛み > 痛みの原因を知ることも大事なこと!

痛みの原因を知ることも大事なこと!


3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

グルコサミンやコンドロイチンは関節の痛みを和らげるにの良いということから年をとってもスムーズな動きで痛いという人など多くの人からサプリなどで摂られている成分となっています。

でも膝の痛みのすべてがグルコサミンやコンドロイチンの減少によるものとは限りませんね。最近では若い世代でも痛みを感じてサプリなどを利用しているという人もいるようです。

まずは痛みの原因を知ることも大事なことですし、安易にサプリを摂れば大丈夫ということはありません。

また今は痛みなどはないという人でも年齢とともにその可能性は大きくなってきますから実際に痛みを感じるようになる前からケアするようにすることも大事なことでしょう。

どんなことが原因で関節が痛くなるの?

膝などの関節の痛みの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

  • ・変形性関節症
  • ・関節リウマチ
  • ・椎間板ヘルニア
  • ・肩関節周囲炎
  • ・運動不足
  • ・肥満
  • ・姿勢
  • ・体の歪み

といったものなどが考えられます。

こういった、ものの中でも代表的なものとなっているのが変形性関節症ですね。加齢とともに軟骨がすり減ることで起きる痛みです。この場合には、必要なのは軟骨を作り出し成分ということになるのですが年齢的にもそうだろうと自分のひざなどの痛みを安易に考えてサプリなどで対処することは辞めましょう。

まずはきちんと自分の痛みの原因がどのようなものであるのかを知り、それに合わせた対処を行うことが必要です。

時には治療が必要となることもあるので医療機関を受診することも大事なことになります。

また、肥満や姿勢、体の歪みといったものは日ごろの生活の中で改善することができることになってきます。加齢によるグルコサミンなどの成分の減少は補充してあげることが必要となりますが、肥満気味という場合には、早い時期から肥満を解消して膝への負担を軽減してあげることでより快適な生活を送ることができますし、姿勢なども同じことが言えるでしょう。

もっと言えば軟骨にできるだけ負担を掛けないようにするためにはきちんと筋肉をつけておくこともとても重要なことになります。筋肉の減少は膝の痛みだけでなく体の歪みなどにもつながってきます。

膝などの痛みが出る前にきちんとケアしてあげることで加齢に負けない体を作ることもできるでしょう。