冷温に瞬間は関係ないのだ。長続きはパワーなり!

寒い。靴下を繰り返し履きしても、指先が刺々しい。それでも、去年の今の時期から見比べたら、いやに冷温は改善してきているという。
去年、私の体温は35.5℃だった産物。「熱っぽいんだ」「安心?熱量は何たび居残るの?」「36.6℃」「それは平熱でしょ」ってストーリーが蘇る。

いいえ、正に苦しいのは身体の障害だったな。デイリー、寒いの。ショップや電車のエアコンディショナーなんて、果たして辛くて。背中がゾクゾクしてきて、寒さで
気分が酷く向かう。如何にも血行が酷くなってるのだとおもう。カラダを冷ますフードばっかり食べていたなぁ。

そういえばきのう、ショップの後輩が私の水筒の中身を聞いてきたので「生姜紅茶だよ」って答えたら、びっくりしていた。「減量ですか?」って。
これは、カラダを暖めるためにやる「普段からやれるちっちゃな訓練」なのよ。カラダがホクホクするから、時分に関係なく呑むようにしているんだ。

グングン後輩に「冷温虎の巻」において教えてあげた。彼氏も寒がり氏だから、幾らか面白い物語だった的。39℃位のお湯にバッチリ浸かって、
スキンケアをしてから青竹ふみを15分間やることを話したら、彼氏は感心していた。「私もやってみます!」って。なんでも混ぜるキッズです。

正に、僕は「生姜紅茶」「お風呂にバッチリ浸かる」「青竹踏み」を通してみて、こういう通年体温は36℃まで上がった産物。たまには息抜きで
さぼっちゃうこともあったけど、基本的に続けてきた。こういう36℃って、こういう一年に頑張った私の結果公だとおもう。しばしば頑張ったね、僕!http://www.safety1sthome.com/