グルコサミンとコンドロイチンについて知る

*

グルコサミンとコンドロイチンとは?


9a6077eb10c5cca00181a529a30908a7_s


グルコサミンとコンドロイチンというとひざに良いというイメージを持っている人が多いでしょう。実際に膝などの関節の痛みを軽減したりするためにサプリなどで利用されています。

でもこのグルコサミンとコンドロイチン何がどのように良いのかというと良くわかっていないという人も多いでしょう。

まずはグルコサミンとコンドロイチンは全されることがく別のものということですね。この二つの成分は一緒に配合されていることが多いので同じようなものと勘違いされている方もいるのかもしれませんが全く違った成分となります。

どちらも関節にとても重要な役割を持つものとなっていますが、それぞれでその役割には違いがあるということは知っておいた方が良いでしょう。

ではまずはグルコサミンですがこちらは、軟骨を構成しているムコ多糖類のプロテオグリカンを作ることができる成分です。もっと簡単に説明すると軟骨を作っている成分を作り出すことができるのがグルコサミンということですね。

ですから、軟骨の修復や再生といったことを行うことができる成分となり、関節の軟骨には欠かすことのできない成分ということになります。

次にコンドロイチンですが、こちらは実はグルコサミンから作り出される成分となります。

グルコサミンがプロテオグリカンを作るということを先に説明しましたがこのプロテオグリカンの中に含まれている成分の一つがコンドロイチンとなります。

コンドロイチンには、軟骨を分解してしまう酵素を抑制して軟骨の水分を保つという働きがあります。つまりこちらも関節をスムーズに動かすためには、重要な役割を持つものとなってきます。


グルコサミンだけではだめなの?

グルコサミンが軟骨を作り出す成分であるのならグルコサミンだけを摂っていれば関節の痛みなどに苦しむこともないのでは?と単純に考えることもできますよね。

でも、グルコサミンが体内に入り軟骨を作り出すまでには時間がかかります。その間にも軟骨は減少しているとも考えられます。

今ある軟骨を守りつつ新しく作り出すということが大切ということになります。いくら新しく作っていってもそれを守ることができなければなかなか痛みなどを和らげたりすることは難しくなりますよね。

だからこそグルコサミンのように作り出す成分とコンドロイチンのように守る成分の両方が必要ということになってきます。

関節を守るという意味ではコンドロイチンの他にもいろいろな成分があります。

代表的なものでいえばコラーゲンなどもその一つでしょう。どれが良いというはっきりしたことは言えませんが上手に利用することで年齢を重ねてもスムーズな関節の動きを得ることができるでしょう。

関節というと膝をイメージする人も多いのですが実際には人間の体には何百という関節がありますからその一つ一つがスムーズに動くことができる野は快適な生活を送るためにとても重要なことになります。


グルコサミンの働き

関節の動きをスムーズにしてくれるとされているグルコサミンやコンドロイチンといった成分は実際にどのような働きをするのでしょうか。

その働きを知ることで自分にとってどのように必要なのかもよくわかるでしょう。

まずはグルコサミンですが、グルコサミンは関節で重要な役割を果たしている軟骨を作り出す成分の一つとなっていますね。もともとはしっかり人間の体の中にあるので若いうちには気にすることなくスムーズな動きを行うことができます。

でも年齢を重ねるにしたがってグルコサミンは減少して行ってしまいます。減少するなら補充すればよいのですが、グルコサミンを多く含んでいるような食材というとカニやエビなどの甲殻類のからといったものになってきます。

食材とは言ってもこれを食べることは難しいですよね。グルコサミンが減少することで、軟骨が作られにくくなります。毎日摩擦を繰り返している軟骨は作られないままにすり減り、関節のクッションという役割を果たすことができなくなってしまいます。

年を取って膝が痛いというのはこのクッションがなくなり骨同志が直接触れ合ってしまうために骨などが変形してしまうことで起きます。

膝などの痛みを感じるとどうしても動くことに抵抗を感じてしまいますよね。動かなくなると体の様々な部分に支障をきたしてきます。膝の痛みを軽減したいというだけでなく健康のためにもとても重要なものとなってきます。

そんな重要なグルコサミンですが、食事から摂ることができるのが難しいからこそ意識して摂ることが必要ですが、簡単に摂るためにはサプリが便利ですね。

サプリなら無理することなく簡単にとることができるでしょう。


81c4cd97ea194454b14d029b142d8d7d_s



コンドロイチンとは?

膝の痛みを和らげるということでサプリなどを摂る時によく目にするのがグルコサミンと一緒に配合されている成分コンドロイチンです。

コンドロイチンはグルコサミンとセットになっていることが多いのですが、これはグルコサミンとコンドロイチンをセットにすることで相乗効果を得ることができるということが言われているためです。

では、このコンドロイチンとはどういったものなのでしょうか。

コンドロイチンは、軟骨を作っている成分の一つとなります。軟骨だけでなく人間の体の臓器、皮膚、粘膜などにも存在している成分となりますからこれもまた、人間の体にとっては欠かすことができない成分の一つとなりますね。

軟骨は関節のクッションの役割を果たしていますが、その役割を果たすためには弾力性のある組織でないといけません。

そこで重要な働きを行うのがコンドロイチンとなります。コンドロイチンは軟骨に水分を運ぶ働きがあり、この水分によって軟骨の柔軟性を保つことができるのです。

他にも軟骨に栄養素を運んだり、逆に老廃物を排出するという役割も負っています。

このコンドロイチンもグルコサミンと同様に年を取ると減少して行ってしまいますがこれもまたグルコサミン同様に食材から摂り入れるには難しいものがあります。

食材ということではサメの軟骨であったりネバネバしたもの、ウナギやすっぽんといったものに多く含まれていますがこれを毎日摂るのはやはり難しいものがありますよね。

そこでグルコサミンと一緒にサプリになっていることが多い成分です。

他にもコラーゲンなども軟骨には欠かせない成分ですがこれもまたグルコサミンと一緒に摂ることでより良い効果を期待することができると言われています。

でも一番期待できるのがグルコサミンとコンドロイチンの組み合わせとなっています。



記事